Project-M3
魔神転生II風ゲーム作成

M3のスキルシステム案
ROOT
(トップページ)


始めに
M3テスト版
M3とは





魔神転生IIとは
リンク


 今回はちょっと趣向を変えてみましたが、要はスキルシステムの説明です。

〜魔界 テレビショッピング〜(?)

司会:さあ、今日は宝石といえばこの方、R○Gさんにお越し頂きました!
R○G:よう、今日はとっておきの宝石を持ってきたぜ。

観客:パチパチパチ・・・
司会:わあ!こんなきれいな宝石初めて見ました!・・・あれ?でもただの石が混じってますね。
R○G:こいつはただの宝石じゃない。俺が長年かかって探し出した、悪魔の力を蓄えることができる石なんだ。
観客:おおーっ
R○G:宝石みたいな奴には悪魔の力が入っている。石ころに見える奴も、EXTRAを入れてやればきれーに光り出すぜ。
司会:えくすとら?
R○G:いわゆる悪魔の特殊攻撃、特技の事だ。

 この図はあくまで一例で、実際にはもっと多くのEXTRAを設定する予定。ただ、「EXTRAを組み合わせて強力な技を発動する」システムを採用するつもりなので、魔神転生IIの64種類よりは少なくなりそうです。

司会:なるほど。それでどうやって使うんですか?
R○G:EXTRAの入った石を悪魔に持たせてやればいい。それで悪魔はそのEXTRAが使えるようになる。
司会:とっても簡単ですね。私にも使えそうです。
R○G:まあ、元々羽の無い悪魔に「羽ばたき」を使わせるなんてのは無理だけどな。

 具体的には、悪魔のステータスに色々な形のスペース(穴)を用意し、それにはまる石=EXTRAを付けられる、という一目瞭然なシステムにしようと考えています。付け外しは自由。どんなスペースにもはまる小さな石、というのも有り。
 全体の傾向としては、レベルの低い悪魔はスペースがたくさん空いていて、色々なEXTRAを付けて望み通りに仕立てることができ、レベルの高い悪魔は元々強いが、スペースが少ししか空いておらずカスタマイズの余地が小さい、という風にしようと思っています。

司会:あれ?でも、石にEXTRAを入れる方法をまだ聞いていませんよ。
R○G:提携する全国のREMIX STATIONに、EXTRAを覚えた仲魔を連れてきてくれ。すぐに入れてくれるぜ。まあ、悪魔合体と同じような仕組だな。
司会:ええっ!?・・・ということは・・・
R○G:もちろんその悪魔は消えて無くなる。
司会:・・・・・(恐)

 その他、悪魔合体の際、継承される、されないEXTRA共に自動的に石に入ります。むしろこちらの方が仲魔を無駄にせずに済むので、よく使いそうです。

司会:えーと、気を取り直して・・・。ところで気になるお値段はおいくらですか?
R○G:金はいらない。
観客:ええーっ!!?
R○G:ただし、悪魔の力を蓄えられるかどうかは、石の微妙な成分で決まる。この石は魔界でこの一組しか無いとっても珍しい物なんだ。
 だからいろんなEXTRAを集めてくれるような、腕のいい悪魔召喚師にこの石をやる。その代わり、多少俺の研究に協力してもらうがな。
司会:分かりました。それでは、腕に覚えのある召喚師の皆さんからのご連絡をお待ちしております。お電話はこちらのフリーダイヤルまで。

 というわけで、基本的にはこの石は一組しかありません。つまり、自由に付け外しできるEXTRAは1種類につき1つだけ、ということになります。もちろん、悪魔が元々使えるor成長して覚えるEXTRAは数に入りません。
 この、数が限られた「石」を仲魔にどう配分するかが工夫のしどころとなります。

- 「M3とは?」に戻る -